インバータ駆動モータの絶縁技術と機能性材料の展開

モーターの絶縁評価技術と部分放電対策、機能性材料の開発状況とは

セミナー講師

1. 兵庫県立大学 大学院 工学研究科 教授 工学博士  永田 正義 氏
2. 東亞合成(株) R&D総合センター 製品研究所 丹羽 真 氏
3. セメダイン(株) 開発部 研究第3グループ  吉川 聡 氏 
※諸事情により第2部と3部の講演順が変更になりました、ご確認ください

セミナー受講料

1名につき60,000円(消費税抜き・昼食・資料付き) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕

セミナープログラム

<10:00〜12:00・13:00〜14:30>
1.インバータ駆動モータと ポリマー絶縁材料における絶縁劣化の基礎と評価技術
兵庫県立大学 永田 正義 氏 
【講演ポイント】
 最新のパワーエレクトロニクス技術による省エネと高効率化に優れたインバータ駆動モータは、産業用だけでなく、ハイブリッドカー(HEV)や電気自動車(EV)などに用いられ、幅広い市場で普及、拡大している。 しかしながら、インバータから発生する立ち上がりが急峻なインパルス(サージ)電圧によってモータ内で発生する部分放電(PD)が絶縁破壊を引き起こすトラブルが発生し、その対策が大きな課題となっている。
 車載用モータは小型・高パワー密度化や高電圧化によるパワーアップが開発競争となっている現状の中で、過酷な環境条件下においても、部分放電を発生させないモータ技術が求められている。また、SiCやGaNなどの次世代パワー素子を用いた高効率化と高速スイッチング化は、モータだけでなく、インバータやDC-DCコンバータ—回路内においてもPDを発生し易くする。
 このような繰り返しインパルス電圧で発生する微弱なPDの精度の高い検知方法やPDを発生させないまたは発生しても絶縁破壊しにくいモータ巻線はあるのか、これらの最新の技術トレンドについて本講演で詳しく説明する。
 本講演の前半では、PD特性に影響を与える環境要因について知ってもらい、ばらつきの大きいインパルスPD計測のポイントは何かについて解説を行う。 また、後半では、インバータ駆動モータ絶縁に関する国際電気標準会議(IEC)規格に準拠した試験方法とその適用例、各部分放電計測センサ、さらに車両用モータの平角巻線の特性とその評価方法について具体的に解説する。
【プログラム】
1.はじめに

2.様々な環境で変化するインパルス部分放電現象
3.繰り返しインパルス電圧によるモータの部分放電計測法
4.車両用平角モータ巻線の特性と部分放電・絶縁評価の方法
5.実機モータを用いたインパルス絶縁評価試験の実例紹介
6.まとめと今後の課題

【質疑応答・名刺交換】


<14:40〜15:40>
2.粉体塗料の熱伝導性、絶縁性と車載用電子部品、モーター周辺への応用
東亞合成(株) 丹羽 真 氏 
プログラム
1.粉体塗料の概要
2.粉体塗料の特徴
3.エポキシ系粉体塗料の塗膜性能
4.車載モーター部品への応用

【質疑応答・名刺交換】


<16:00〜17:00>
3.機能性接着材料の開発および車載モータ他への展開
セメダイン(株) 吉川 聡 氏
【講演ポイント】
 近年、車の電動化による、接着剤の使用部位が増加しています。
そのため、異種材接着、接着に付け加えて別の機能性付与等、接着による接合でしか解決できないケースが増加して、接着剤は求められる機会が増加していると考えます。
 本講座では、弊社の車載向けエポキシ樹脂系接着剤、その他接着剤(変成シリコーン、アクリル系) について、その開発動向、特徴、性能について 講演いたします。
【プログラム】
1.概説

2.エポキシ樹脂系熱硬化1液タイプ
3.エポキシ変成シリコーン系弾性接着剤
4.その他車載向け製品について
 4.1 変成シリコーン系弾性接着剤
 4.2 アクリル系2液系接着剤

【質疑応答・名刺交換】