<成功・失敗事例から学ぶ>製造業における高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖と成功要因の自社への応用

継続して高収益を生む企業は
どんな視点で、何を行っているのか


■ 成功&失敗事例から学ぶ高収益ビジネスのポイント
■ 技術マーケティング戦略のポイント
■ 事業として勝つためのベンチマーキング手法


<価値づくり特集セミナー>

★ 業績を出し続けている、成功している企業はどんな仕組みを作っているのか
★ 自社に足りない視点、構想が見えてくる
★ ベストプラクティス事例。失敗事例を考察し成功要因を具体的に解明し、応用アイデアを生みだそう
★ 高収益を生み出し続けるにはセオリー、ルールがあるのか


セミナー講師


東京大学協創プラットフォーム開発(株) 事業開発部 部長

【略歴】
1995年 東京大学 大学院工学系研究科材料学専攻修士課程修了
1996年 東京大学先端科学技術研究センター 研究生
1998年 米カーネギーメロン大学 技術政策学部修士課程修了
1999年~2010年    戦略系コンサルティング会社 コンサルタント
2011年~2018年3月 戦略系コンサルティング会社 取締役
2018年4月~現在   東京大学協創プラットフォーム株式会社 事業開発第二部 部長

【おもな専門分野・研究分野】
・生産財メーカーにおける事業・技術戦略策定・実行
・エンジニア向けビジネス教育、イノベーター育成
・工学分野における研究開発型スタートアップ支援、投資

※ 東京大学協創プラットフォーム開発(株)は国立大学法人東京大学が2016年に
  出資・設立したベンチャーキャピタルです。


受講料


48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,300円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。


主催者より


投資ファンドまたは経営コンサル会社からのご参加は受け付けかねますので
ご了承ください。


得られる知識


・成功事例や失敗事例からの事業成功のポイント
・戦略策定の流れとポイント
・技術マーケティング戦略のポイント
・事業として勝つためのベンチマーキング手法
・大企業とスタートアップの連携のポイント


対象


・研究開発部門および設計開発部門。その他経営企画部門、新事業開発部門、
 技術営業部門、知財部門などの方
・戦略構想において異業種の事例を参考にしたい方
・ベンチマーキング手法について学びたい方
・自身の開発テーマの経営層への説得において悩んでいる技術者
・自社の製品や技術についてどのようなマーケティングに取り組むべきか悩んでいる方
・CVCご担当者 等


セミナー趣旨


 競争の厳しい事業環境においても業績を出し続けている製造業がいます。そのような企業はどのような成功要因を押さえて事業を行っているのでしょうか?自社の事業にその成功要因をそのまま当てはめても上手くいきませんが、戦略構想における有益な視点にはなりえます。多くの視点を知ることで、いざ自社の戦略検討の際に有望な戦略発想ができる可能性が高まります。
 本セミナーでは、18年以上の新規事業開発・R&D戦略コンサルティングと技術系スタートアップ支援・投資の最前線の経験をもとに、消費財および生産財のベストプラクティス事例や失敗事例を考察し成功要因を具体的に紹介し、自社への応用アイデアについて考えていただきます。
 一方、応用アイデアを自社戦略にするためにベースとなる、戦略構想の基本や製造業に必須の「マーケティング戦略」のポイントについて理解していただくことも目的とします。
 さらに昨今トレンドとなっている事業会社とスタートアップ連携のポイントについても紹介します。社内での新規事業開発がなかなか上手くいかない中、新しい手法として、社外のスタートアップへの投資・連携に可能性を見いだしている企業が増えています。スタートアップを「社外で行う新規事業開発プロジェクト」とみて、うまく活用することで競争力を上げていくためのポイントを事例とともに紹介します。


セミナー講演内容


1.事例から学ぶ高収益ビジネスのポイントとは ~消費財の場合~
 ○アップル(エコシステム戦略)
 ○アマゾン vs ソニー(エコシステム戦略)
 ○シマノ(技術ブランド戦略)
 ○花王(プロダクトイン戦略)など

2.事例から学ぶ高収益ビジネスのポイントとは ~生産財の場合~
 ○東レ(ソリューション戦略、グローバル戦略)
 ○ダイキン工業(アライアンス戦略)
 ○アーム(エコシステム戦略)
 ○ミシュラン(アライアンス戦略)
 ○GE(IoT戦略) など

3.戦略構想の流れとエンジニアのためのマーケティングとは
 ○戦略企画のアウトプット項目
 ○経営トップからみた戦略企画の評価視点 ~「経営層は投資家である」という認識をもつ~
 ○戦略策定の流れ ~仮説形成から戦略策定まで~
 ○戦略を財務視点から定量的に表現し、経営者とのコミュニケーションを図る
 ○エンジニアのためのマーケティングとは ~技術を顧客価値につなげるマーケティング
 ○エンジニアの行うマーケティングとは
 ○マーケティング・ミックス
  ・製品戦略:技術、製品からエコシステムまでを1セットで考える
  ・価格戦略:価格設定による主な要因、価格弾力性
  ・広告宣伝、販促戦略:広告宣伝と営業の連動、マルチチャネル戦略
  ・販売チャネル戦略:直接販売、間接販売、電子商取引

4.競合他者に圧倒的な差をつけるための「ベンチマーキング」とは
 ○競合他社ベンチマーキングと異業種ベンチマーキングを組み合わせる
 ○競合ベンチマーキングのポイント
  ・競合他社ベンチマーキングにより自社・他社の強み・弱みを把握する
  ・バランスド・スコアカードによる競合他社分析とは
  ・競合他社の今後の戦略を想定し、予め競争戦略を構想
  ・ベンチマーキングの体制 ~社内に「ビジネスインテリジェンス」をもつ~
 ○異業種ベンチマーキングのポイント
  ・競合が思いつかないできない戦?を構想するための「異業種ベンチマーキング」
  ・異業種ベンチマーキングが必要とされる場面、対象
  ・異業種ベンチマーキングの進め方
  ・ベストプラクティスとエネイブラー
 ○開示情報の範囲と機密管理
  ・異業種ベンチマーキング企業のリストアップ、評価・選定
  ・ベンチマーキング先とのコンタクト方法
  ・異業種ベンチマーキング企業訪問前の準備と実行
  ・異業種のベストプラクティスの自社への適合計画立案

5.(ケース演習)異業種ベストプラクティスからの学びと応用アイデア発想

6.大企業とスタートアップの連携のポイントと事例紹介
 ○スタートアップを「社外で行う新規事業開発プロジェクト」として活用する
 ○リスクマネーを活用した「イノベーション・エコシステム」とは
 ○大企業、スタートアップ、ベンチャーキャピタルの関係性
 ○大企業とスタートアップの違いを認識する
 ○大企業とスタートアップとの連携の10のポイント
 ○カーブアウトのメリット
 ○事例紹介

(参考資料)
・事業成果を生み出すエンジニアになるためにマインドセットとは
・マーケットリサーチ手法(2次情報、1次情報)

 □ 質疑応答 □