車載センサー技術の最新動向:基礎から応用まで

(株)経営コンサルテクノセミナー ~車載電子システム実現のためのキーデバイス~

【セミナープログラム】


カーエレクトロ二クスは自動車の各種のシステムへと波及しまさに「走る」エレクトロニクスの言われるほど発展してきました。これら車載電子システム実現のためのキ―デバイスの一つがセンサーであり車載用センサーは1980年後半からMEMSセンサーの実用化と相まって飛躍的な進化を遂げてきました。
本セミナーでは、車載センサーの概要とその中で中心的な役割を果たすMEMSセンサーの概要に付き解説し、さらに自動運転の必要なITSセンサーについても概略を解説します。

1.車載用センサーの概要

2.車載用電子システムとセンサー

3.車載用センサーの信頼性設計

4.半導体センサー
 (1)半導体センサーの概要と特徴
 (2)MEMSセンサーの開発
 (3)マイクロマシニング技術

5.加速センサー

6.角加速センサー

7.圧力センサー

8.エアフローセンサー

9.磁器回路センサー

10.ITSセンサー

11.車載センサーの今後の展望

12.意見/お名刺交換


【講師】


室 英夫(むろ ひでお) 氏 : 千葉工業大学 工学部 電気電子情報工学科 教授


1976年 東京大学工学部 電子工学科卒業
1978年 東京大学大学院工学研究科修士課程修了
1997年 東京大学より博士(工学)学位取得
1981年より日産自動車(株)中央研究所にて半導体研究に従事
2006年より千葉工業大学 教授現在に至る


【受講料】


1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)


※経営コンサル主催につき、プレミアム会員様(招待券含)も通常の受講料が発生いたします。