製造業のためのデジタル・マーケティング入門

~ 人を増やさず利益を増やすビジネスモデルのつくり方 ~

メーカー社員を対象に、デジタルマーケティングの基本から
成功事例・失敗事例や具体的な手法までを、分かり易く解説!


講師


(株)船井総合研究所 ものづくりグループ 上席コンサルタント 片山 和也 氏

【略歴・活動など】

 船井総研入社後は一貫して生産財分野のコンサルティングに従事。技術とマーケティングの両面を理解するエキスパートとして、同分野では船井総研の第一人者である。
 特に「中小企業は国内で勝ち残れ!」をポリシーとして、国内製造業の空洞化に歯止めをかけるコンサルティングを展開している。ファクトリービジネス研究会を主催。
 主な著書に「技術のある会社がなぜか儲からない本当の理由」(中経出版)、「法人営業のズバリ・ソリューション」(ダイヤモンド社)、「なぜこの会社には1ヶ月で700件の引き合いがあったのか?」(中経出版)、「必ず売れる!生産財営業の法則100」(同文舘出版)、「はじめて部下を持ったら読む!営業マネジャーの教科書」(ダイヤモンド社)、「部下を育てるリーダーが必ず身につけている 部下を叱る技術」(同文舘出版)他。
 経済産業省登録 中小企業診断士。岡山県出身。


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、39,960円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


受講対象・レベル


・製造業のマーケティング・営業企画に携わる責任者・ご担当者様
・製造業の経営企画・新規事業に携わる責任者・ご担当者様
・製造業の経営者クラスの方、など 


習得できる知識


・マーケティング・オートメーションの企画・導入・運用手法について
・マーケティング・オートメーションに対応したWebサイト構築のポイントについて
・オウンドメディアの企画・導入・運用手法について
・顧客価値のコンテンツ化のポイントについて
・一連のデジタル・マーケティング企画・導入・運用手法について 


趣旨


 従来は製造業の成功要因は「製造プロセス」にあるとされてきました。そこでカイゼン活動や5S等が取組まれてきましたが、残念ながら現在ではそれほど大きな成果を出せていません。理由は製造業の成功要因が変わったからです。
 現在の成功要因は「マーケティング・営業プロセス」にあります。これを従来の属人からデジタルに置き換えることで、製造業は生産性を劇的に上げることが可能です。
 さらに、デジタル・マーケティングを導入することで市場ニーズをより深く・広い範囲で・かつ正確に把握することができ、R&Dの強化や効果的な製品開発に結び付けることが可能になります。 


プログラム


1.デジタル・マーケティングの基本
 1-1 デジタル・マーケティングの全体像とビジネスモデル
 1-2 マーケティング・オートメーションとは何か?
 1-3 なぜソリューションサイトが必要なのか?
 1-4 Webマーケティングとデジタル・マーケティングの違い
 1-5 ABMとは何か?

2.デジタル・マーケティングの成功(・失敗)事例
 2-1 成功事例(1) 営業利益率2%から15%になった部品メーカーG社
 2-2 成功事例(2) 業界はマイナス成長でも新規売上1億円 産業用包装メーカーS社
 2-3 成功事例(3) 導入後3年間で取引先3倍に 食品用添加剤メーカーC社
 2-4 成功事例(4) 導入後3年間で取引先10社から2000社に 工業用材料メーカーM社
 2-5 成功事例(5) 営業利益率50%を超えるK社のデジタル・マーケティング
 2-6 失敗事例(1) “売り手目線” のマーケティングで、集客につながらなかった事例
 2-7 失敗事例(2) 事前のコンセンサス不足で、充分なコンテンツが集まらなかった事例

3.デジタル・マーケティングの具体的な方法
 3-1 自社の強みの見つけ方
 3-2 コンセプトを決めるポイント
 3-3 ペルソナとカスタマージャーニーマップのつくり方
 3-4 ビジネスモデル設計のポイント
 3-5 Webサイト立ち上げのポイント
 3-6 マーケティング・オートメーション導入のポイント
 3-7 引合い管理と営業との連携のポイント
 3-8 マーケティングPDCAを回すポイント
 
 【質疑応答・名刺交換】

 キーワード デジタル,マーケティング,ものづくり,メーカー,技術者,研究者,セミナー,研修,講習