中国BATのビッグデータ&AI戦略

【世界に類を見ない膨大なデータを駆使する】~Baidu、Alibaba、Tencentの最新動向、中国で何が起こっているのか~

【セミナープログラム】


中国では、30年以上の経済成長を経て、経済発展の「量」から「質」への転換が進む中で、より高いテクノロジー、より優れたユーザ体験、より良いサービスが求められている。これに対して、最新技術への利活用需要、製品&サービスの競争力強化、ベンチャーキャピタルの投資活発化など経済的要因に加えて、世界に類を見ない膨大なデータ、母集団が大きいAI人材、力強い中国政府の政策支援などの産業環境にも恵まれ、ビッグデータやAI産業が急速に発展してきて、世界での影響力も高まりつつある。
未来を制するビッグデータやAIが注目される中で、多くの会社は、産業領域を問わず積極的にビッグデータやAI技術に投資し、ビッグデータとAIを利活用することで自社の競争力強化や新しいサービスの創出を図ろうとしている。
当セミナーでは、中国のビッグデータ、AI産業を牽引するBAT3社(バイドゥ、アリババ、テンセント)のビッグデータ&AI戦略を中心に、その最新動向を説明し、ビッグデータ&AIの全体像を明らかにする。

1.BAT3社(バイドゥ、アリババ、テンセント)の概況
2.バイドゥのビッグデータ&AI戦略、及びその最新動向
3.アリババのビッグデータ&AI戦略、及びその最新動向
4.テンセントのビッグデータ&AI戦略、及びその最新動向
5.日本への示唆及びビジネスの可能性
6.質疑応答/名刺交換


【講師】


唐 徳権(とう とくけん) 氏 : イーパオディング株式会社 代表取締役社長


2002年に中国人民大学管理学マスター取得。日中間でシステム技術開発、プロジェクトマネジメント、ITコンサルティング、グローバル・コラボレーション・ビジネスに従事。現在、イーパオディング株式会社代表取締役社長、北京璞華ロボット情報技術有限公司Founder&CEOとして、日中間ハイテク領域のビジネスコンサルティング、ロボット及び人工知能ビジネスに携わっている。著書・執筆・講演多数。著書:「深耕:日本ソフトウェア企業の極意」(中国語版、清華大学出版社)。執筆:日経クロストレンド「中国デジタル革命の深層」、ロボットスタート「中国ロボット市場の最前線」、機械設計「The ROBOT イノベーション×ビジネス」の特集「急拡大する中国ロボット市場の未来」。


【受講料】


1名につき 32,000円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)