IATF 16949:2016対応! 要求事項の詳細解説コース

【1月・東京開催】

規格要求事項とMS手順への具体的適用方法、並びにコアツールの効果的活用のポイントが理解できる!


 ISO 9001:2015の発行を受けて、自動車産業の品質マネジメントシステム規格ISO/TS 16949 が、IATF 16949として生まれ変わりました。IATF 16949 は、ISO 9001に自動車用システムや部品の製造に必要となる業界固有の要求事項を追加した自動車産業のセクター規格です。そのIATF 16949について、認証制度の概要と要求事項の詳細、並びにこの要求事項に適合した具体的なシステム構築のポイントを、具体例を交えながら2日間をかけてわかりやすく、じっくり解説します。
 IATF 16949固有の要求事項は、製品品質のみならず、「経営品質」及び設計、製造をはじめとする主要な「プロセス品質」の向上に寄与しますので、自動車産業はもとより、品質向上、企業体質強化を目指すすべての業種の方にご活用いただけます。


日時


2019年1月21日(月) 9:15~17:00
2019年1月22日(火) 9:30~16:30 【2日間コース】

同じ内容で開催日が異なるセミナーがあります。
(このページのいちばん下でご案内しています)


講師


審査経験、講師経験豊富な自動車関連産業出身の現役のIATF 16949コンサルタント


参加費


75,600円(一般)/ 64,800円(会員)


 参加者の所属企業が日科技連賛助会員の場合は、その旨を申し込みフォームの備考欄に記入してください。不明の場合は「会員不明、調査希望」と記入していただければ、当方で調査します。
 またこれを機会に入会を検討したい場合は、「入会検討のため資料希望」と記入してください。案内資料を送付し、セミナー正式受け付け以前にご入会いただくと、会員価格でご参加いただけます。


特徴


● MSのキーポイントとなる自動車産業COP(顧客指向プロセス)アプローチについて解説します。
● 規格の詳細解説に加え、IATF 16949 固有の要求事項への効果的なシステム化・手順化の方法を、具体例を用いて解説しますので、自社の仕組みにすぐに展開できるヒントがつかめます。
ISO/TS 16949 からIATF 16949 への変更内容を理解することができます。
コアツール(APQP、PPAP、FMEA、SPC、MSA)のポイントを解説します。


対象


IATF 16949 規格を正しく理解したい方
IATF 16949 の認証取得を目指す組織の方
ISO/TS 16949からIATF 16949への移行を行う組織、将来IATF 16949監査員を目指す方


カリキュラム


2日コース

第1日 9:15~17:00
■午前
・IATF 16949の概要・特徴
・自動車産業プロセスアプローチ(COP)

■午後
・IATF 16949要求事項の解説
・要求事項の理解度向上演習



第2日 9:30~16:30
■午前
・IATF 16949要求事項の解説
・要求事項の理解度向上演習

■午後
・コアツールの紹介
・コースのまとめ、総括質疑応答


【同じ内容のセミナー(2018年度)】


第1回  2018年5月15日(火)~16日(水) 開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4529
第2回  2018年6月25日(月)~26日(火) 開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4530
第3回  2018年9月3日(月)~4日(火)   開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4531
第4回  2018年11月1日(木)~2日(金)   開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4532
第5回  2019年1月21日(月)~22日(火) 開催地:東京【このページのセミナー】

第6回  2019年2月12日(火)~13日(水) 開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4534

(既に受付を締め切った回もあります。ご了承ください)


エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。