二軸押出混練におけるスクリューデザインと混練技術

二軸押出機を使いこなすためのポイントについて、わかりやすく解説します!


講師


(株)日本製鋼所 樹脂製造機械部 技術グループ 担当課長 佐賀 大吾 氏


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


趣旨


 日頃から二軸押出機をお使いの方も、二軸押出機の事はご存知でない方で二軸押出機にご興味がある方も、二軸押出機で何ができるのか、使いこなすためのポイントは何か、についてわかりやすく説明いたします。
 また、トピックスとして従来の樹脂の混練機としての枠を超えた、幅広い分野で活躍する二軸押出機の特徴を事例を交えてご紹介します。幅広い方々の新たな発見や技術的ブレークスルーになる事を期待しています。


プログラム


1.二軸押出機の基礎
 1-1.押出機の歴史
 1-2.二軸押出機の概要
  ・単軸、同方向、異方向回転の違い
  ・他混練機との違い

2.二軸押出機 ハードウェア概論
 2-1.押出機本体
  ・スクリュ軸、シリンダ、減速機、などの主な構造や役割
  ・ベント金物とその特性
 2-2.補機、付帯機器
  ・原料フィーダー
   (様々なフィーダータイプ、原料に応じたスクリュ選定方法)
  ・カッティング装置(ストランド、ホットカット、水中カット)
  ・サイドフィーダー、ベントスタッファー、スクリーンチェンジャー、ギアポンプ
 2-3.押出機の基本性能を決める要素とその見方
  ・モーター動力とトルク、及び運転範囲
  ・溝深さの違いがプロセスへ与える影響
  ・スクリュ構成やシリンダL/D

3.スクリュデザインの基礎と応用
 3-1.基礎1:混練のイメージ化
  ・混練の種類について(分散と分配)
  ・混練強度について(内圧分布予測のポイント)
 3-2.基礎2:プロセス別のスクリュ形状の事例紹介とその挙動
  ・プロセス別 スクリュ形状の考え方の違い(概略)
  ・異なるスクリュ構成において運転条件を変化させた場合の挙動の違い
 3-3.応用1:混練部形状の詳細
  ・スクリュ周りの様々な混練形態
  ・チップクリアランスの調整方法とその効果
 3-4.応用2:特殊技術
  ・特殊用途スクリュエレメント、特殊混練シリンダ
  ・脱ガスサイドフィーダー

4.押出プロセスの事例紹介
 4-1.コンパウンドプロセス
  ・フィラーコンパウンド
  ・ポリマーアロイ
 4-2.特殊プロセス
  ・分離プロセス
  ・リアクティブプロセス
  ・炭素繊維複合材 LFT-Dプロセスなど、特殊プロセス

5.トピックス
 5-1.プロセス別のスケールアップ事例
  ・スケールアップの乗数の考え方と実例(造粒、コンパウンド、脱揮、リアクティブ)
 5-2.最新のシミュレーション技術
  ・2次元FAN法
  ・3次元FEM、粒子法
 5-3.樹脂の溶融混練・流動挙動とその可視化ツール
  ・可視化シリンダ(二軸、1軸)
  ・透明シリンダ

 【質疑応答・名刺交換】

 キーワード 二軸,押出,混練,スクリュ,スケールアップ,可視化,セミナー,研修,講習