界面活性剤の基礎と活用法および最新の界面活性剤

ハイブリッド界面活性剤、ジェミニ型界面活性剤、
刺激応答性界面活性剤、酸化還元活性界面活性剤

各種界面活性剤の特性はたらきを理解し、目的に合った効果的な活用法を習得!


講師


東京理科大学 工学部工業化学科 教授 博士(工学) 近藤 行成 氏


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


趣旨


 界面活性剤の定義から、各種界面活性剤の基本的なはたらき、界面活性剤の特性(表面張力、ミセル形成、可溶化、乳化)等を理解することができる。また、界面活性剤の測定法についても、汎用の方法を解説するだけでなく、多くの職場に導入されているNMR装置が想像以上に万能であることを学ぶことができる。講演は、平易な言葉で解説され、分かりにくい物理化学的現象も理解できる。本講演は、長年理解が困難であった原理や機構をいよいよ理解する機会を与えるものである。


プログラム


1.界面活性剤とは ~メタノールやエタノールは界面活性剤か~

2.界面活性剤の分類
 2.1 疎水基による分類
 2.2 親水基による分類
 2.3 構造による分類

3.界面活性剤の一般的なはたらき
 3.1 アニオン性界面活性剤
 3.2 カチオン性界面活性剤
 3.3 非イオン性界面活性剤
 3.4 両性界面活性剤
  ・フッ素系界面活性剤が難燃性であるのはなぜ?

4.界面活性剤の需要
 4.1 生産量
 4.2 分野別需要

5.界面活性剤の溶解性
 5.1 クラフト点(温度)と測定法
 5.2 曇点と測定法

6.表面張力
 6.1 表面張力とは
 6.2 界面活性剤はなぜ表面張力を下げるのか
  ・フッ素系界面活性剤はなぜ、表面張力を大きく下げるのか
  ・フッ素系界面活性剤が撥水撥油性である理由
 6.3 ギブス吸着等温式

7.界面活性剤分子集合体のかたち
 7.1 臨界充填パラメータ
 7.2 最新のミセル構造

8.臨界ミセル濃度 (cmc)
 8.1 ミセルの物性の濃度依存性がわかればcmcはわかる
 8.2 Klevensの法則
 8.3 測定法
  8.3.1 表面張力法
  8.3.2 電気伝導度法
  8.3.3 静的光散乱法
  8.3.4 NMR法

9.ミセル物性の測定法
 9.1 ミセル粒径
  9.1.1 動的光散乱法
  9.1.2 NMR法
 9.2 ミセル会合数
  9.2.1 静的光散乱法
  9.2.2 蛍光消光法
  9.2.3 NMR法

10. 可溶化
 10.1 可溶化とは
 10.2 可溶化能
 10.3 可溶化平衡

11.乳化
 11.1 乳化とは
 11.2 乳化系はなぜ安定ではないのか
 11.3 乳化法
 11.4 乳化系が不安定化する機構

12.最近の研究動向
 12.1 ハイブリッド界面活性剤
  12.1.1 ハイブリッド界面活性剤はなぜ合成されたのか?
  12.1.2 ハイブリッド界面活性剤の特性
   a) 水/油/フッ素系油3成分同時乳化
   b) 長寿なミセルの形成
 12.2 ジェミニ型界面活性剤
  12.2.1 ジェミニ型界面活性剤の種類
  12.2.2 ジェミニ型界面活性剤の特性
 12.3 刺激応答性界面活性剤
  12.3.1 光応答性界面活性剤
   a) 光による粘弾性制御
   b) 光による積極的な解乳化
  12.3.2 酸化還元活性界面活性剤
   a) 電気化学的酸化還元反応による粘弾性制御
   b) 酸化還元反応による遺伝子導入の制御

13.まとめ

 【質疑応答・名刺交換】

 キーワード 界面活性剤,乳化,可溶化,種類,特性,セミナー,研修,講習