モチベーションを高め自立的に部下を動かす指示の出し方

スムーズに組織を動かし成果をあげていくための部下活用術!


★ 納得させて、自分事として指示を受け取らせて、人は自律的に初めて行動する!?
★ 部下や後輩への指示の出し方を徹底解説!


セミナー講師


ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹 氏

【略歴】
 大手化学メーカー、電器メーカーでの研究開発及びにマネジメント業務に携わる。現在は、ベンチャーから上場企業まで様々な業種の顧問や技術コンサルタントとして、研究開発、製造における課題解決、戦略策定から人事研修などの人材育成などを行っている。また、学会等での招待講演や国プロにおけるキャリア形成プログラムの講師なども行っている。

【その他 所属・役職】
・大阪産業大学 情報工学科 非常勤講師
・大阪産業創造館 相談員
・滋賀県産業支援プラザ 相談員
・市立教育研究所運営委員
・滋賀県社会教育委員


受講料


48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。


特典


【セミナー受講特典コンサルティング】 ※ コンサルティング料は受講料とは別になります。

 セミナーに受講して名刺交換をさせて頂いた方への特典サービスとして、初回限定で限定特別料金にてコンサルティングをご利用いただけます。技術的な相談はもちろん、戦略相談、オンサイトセミナーなど、依頼条件を満たす限り原則として実施内容、方法に制限はありません。
 技術コンサルティングには興味があるが利用したことがないので、どのようなものか良くわからず正式依頼に踏み切れない、決裁を取るために一度ディスカッションしたいという方は、是非この機会に、JRLのコンサルティングを御体験ください。限定特典ではありますが、必ず満足のいただける内容でお応えします。

<依頼条件>
・初回1回のみ
・セミナー実施日より3カ月以内に依頼が成立
・コンサルティング実施時間:4時間程度まで
・費用:場所、内容によらず定額の限定受講特典(交通費は、別途ご負担下さい)


得られる知識


・指示の出し方の基本
・伝わる、動く指示の出し方
・結果を生む指示の出し方
・様々な説得のテクニック
・自律人材の育て方 ほか


対象


・管理職になって間もない方
・部下を初めて持った方
・部下に上手く指示が出せない方
・部下が思うように動いてくれない方
・いつも部下の顔色を伺っている方


セミナー趣旨


 ゆとり世代、悟り世代など様々なジェネレーションがあるが、いつの時代においてもジェネレーションギャップはもちろん、立場の違いによるボタンの掛け違いは起こります。高度成長期であれば会社や上司の指示は絶対という共通認識に助けられていましたが、現代においてはそのような幻想は存在しません。
 しかし、そんな状況においても業務を遂行するためには部下を指示によって動かさなければなりません。業務命令という伝家の宝刀を抜くことは簡単ですが、それではやらされ仕事のクオリティーしか期待できず、成長もありません。ましてや、今のように人材の流動化が進んでいる状況では不幸な結果すら呼びかねません。
 本講座ではこのような状況を踏まえつつ、部下を納得させて、自分事として指示を受け取らせ、自律的に行動させて結果を生む指示の出し方を心理学的観点も踏まえつつ、演習も交えて詳細に解説します。


セミナー講演内容


1.イントロ
 1.1 なにはともあれ、まずは
 1.2 指示の内容
 1.3 ???指示
 1.4 効果
 1.5 環境
 1.6 目線
 1.7 期待外れ
 1.8 ダメ出しが仕事ではない
 1.9 主役
 1.10 コン・コミ
 1.11 業務指示について

2.指示の出し方(伝え方)
 2.1 演習
 2.2 伝える?
 2.3 任務指示
 2.4 目的の明示
 2.5 条件の明示
 2.6 求めること
 2.7 ヒント
 2.8 指示のレベル
 2.9 二つの指示
 2.10 優先順位

3.指示の表現
 3.1 5W3H
 3.2 イメージの共有
 3.3 説得と納得
 3.4 納得の基盤
 3.5 フレーミング
 3.6 Want to do?

4.伝えなければならないこと
 4.1 指示と必然性
 4.2 どこまで? 
 4.3 何を?
 4.4 あれもこれも
 4.5 ヒントの出し方
 4.6 達成の効果
 4.7 NGの伝達

5.テクニック
 5.1 基本
 5.2 アリストテレスの5箇条
 5.3 フット・イン・ザ・ドア
 5.4 ドア・イン・ザ・フェイス
 5.5 ゴールデンサークル
 5.6 両面提示
 5.7 クッション話法
 5.8 ランチョン・テクニック
 5.9 予想話法

6.ケーススタディー
 6.1 こんな指示はNG
 6.2 拒否されたら
 6.3 行動コスト
 6.4 様々な部下のタイプ別対応
 6.5 危険な兆候
 6.6 演習

7.決め事
 7.1 ルールの共有
 7.2 権限
 7.3 報告のルール
 7.4 任せて任さず
 7.5 裁量と責任
 7.6 任せる能力
 7.7 自律人材
 7.8 中間チェック
 7.9 これは駄目

8.気を付けること、ポイント
 8.1 常識
 8.2 伝書鳩
 8.3 命令一元性の原則
 8.4 定性・定量
 8.5 以心伝心
 8.6 「動」
 8.7 指示語
 8.8 接続詞
 8.9 ストレート文化
 8.10 フォロー
 8.11 観察
 8.12 質問
 8.13 演習
 8.14 レスポンスが無い時
 8.15 出来ない時
 8.16 上司も迷って当たり前

9.関係構築
 9.1 否定
 9.2 賞賛
 9.3 褒め方
 9.4 演習
 9.5 コミュニケーションの重要性
 9.6 演習
 9.7 基本テクニック
 9.8 アドバーチング
 9.9 言葉の重み
 9.10 「がんばれ」?
 9.11 聞くスキル
 9.12 ダメ出しの方法
 9.13 フォローはできているか
 9.14 NVC

10.モチベーション
 10.1 モチベーションへの影響要因
 10.2 理想の管理者像
 10.3 演習
 10.4 モチベーションの源泉
 10.5 内的要素と外部要因
 10.6 モチベーションへの動機付け
 10.7 モチベーションとは何か
 10.8 目的・目標とモチベーション
 10.9 タイプ別モチベーションマネジメント
 10.10 褒美と罰
 10.11 期待理論
 10.12 2.0から3.0へ
 10.13 モチベーションを決めるもの

11.情報共有(ミーティング)
 11.1 5つの議論の場
 11.2 会話・対話・議論
 11.3 報連相
 11.4 情報共有のシステム化
 11.5 二つのミーティング

12.まとめと質疑

13.演習