乳化剤の選定・最適化ノウハウから各種乳化方式の特徴、
スケールアップ・エマルション評価技術等々、
基礎から応用まで網羅!


一日で学ぶ速習セミナー!

セミナー講師

(株)ミルボン 中央研究所 開発顧問
(元)ライオン(株) 研究開発本部
(元)明星大学 理工学部 非常勤講師 理学博士  堀内 照夫 先生

セミナー受講料

1名46,200円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,200円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

※新型コロナウイルスの感染防止の一環として昼食の配布は中止させて頂きます。

セミナー趣旨

 「乳化」技術は油性基剤の利便性、ファション性、並びに機能・効果の向上が計れることから、化粧品、医薬品、トイレタリー製品、化学品等の広範囲な産業分野で注目されている基盤技術の一つといっても過言でない。この乳化技術の中で、安定なエマルションを製造するためには、(1)注目している油性基材に対する最適な乳化剤をどのように選定するか、また、(2)油性基剤と選定された乳化剤をどのような順序で配合するかが重要なポイントとなる。
 本講義では、エマルションの様な多成分系分散液における「物質/物質間の相溶性」に視点を置き、HLB法、有機概念図法によるIOB値・溶解度パラメータ等の指標値を重層的に駆使し、油性成分の乳化ノウハウを修得できるようになることに主眼を置いている。さらに、乳化方式、スケールアップ時の留意事項、安定性評価技術、安定性評価の促進試験法等のエマルションの基礎から応用まで網羅している。また、習得したこれらの指標値は単に乳化現象に留まらず、広く、洗浄、分散、可溶化等の界面現象に展開できる。
 今回、これから「エマルション」に携わる技術者や経験の比較的浅い技術者を主眼に置き、エマルションの基礎から工業化検討まで修得できるように編集しているが、エマルション技術をさらに深化させたいと願っている生産現場の技術者および研究者の一助となると思われる内容も網羅している。本講が安定かつ高品質の製品生産や、乳化製剤の効率的な開発の一助となれば幸いである。

受講対象・レベル

 化粧品、医薬品、口腔、食品、化学品関連分野で、製品開発、新剤型開発並びに新機能創製を目指している技術者。

必要な予備知識

特になし

習得できる知識

 ・HLB方式、溶解度パラメータおよび有機概念図法の基礎知識と活用。
 ・乳化剤の基礎知識
 ・乳化剤および複合乳化剤の選択法のノウハウ
 ・乳化技術(スケールアップの考え方)、安定性促進試験法並びに各種評価法の習得

セミナープログラム

1.講義の狙い
  (1)各産業分野における乳化製剤の特徴と課題
  (2)エマルションの製造および安定化における乳化剤の役割
  (3)乳化技術を支援する主な指標値
  (4)エマルションの製造・製品に関する留意事項
2.エマルションの基礎知識
 2.1 乳化剤形の種類と特徴
 2.2 乳化技術開発の推移
 2.3 乳化剤の開発推移の概要
 2.4 乳化剤(界面活性剤)の特徴
 2.5 トイレタリー分野における乳化製剤の主な原料
3.乳化剤の選定および乳化剤設計の最適化
 3.1 物質/物質間の相溶性の指標値
 3.2 HLB方式における乳化剤の選定およびその最適化
  (1)乳化剤選定の手順
  (2)油相の所要HLB値の求め方
  (3)乳化剤の混合HLB値の求め方
  (4)混合乳化剤の選定法およびその最適化の指針
 3.3 拡張HLB法における乳化剤の最適化
4.乳化方式およびスケールアップ・評価技術
 4.1 物理的(機械的)乳化方式
  (1)乳化機の種類と特徴
  (2)高せん断力の乳化機の性能比較
 4.2 物理化学的乳化方式
  (1)油相混合における溶解度パラメータの活用法
  (2)主な物理化学的乳化方式(転相、PIT, D相、液晶乳化、ゲル乳化)
 4.3 乳化のスケールアップ時の留意事項
  (1)スケールアップの基本要素
  (2)剪断力
  (3)乳化時の機械力
  (4)乳化時間の推定
 4.4 エマルションの安定性評価
  (1)エマルションの安定性評価法
  (2)エマルションの不安定化過程
  (3)エマルションの安定性評価の加速試験法
 4.5 エマルションの物性評価技術
  (1)エマルションの「型」の判別法
  (2)エマルションの粒子観察
  (3)エマルション粒子の合一速度
  (4)エマルション粒子の乳化膜中の界面活性剤分子の配向性
  (5)エマルションの相構造
  (6)エマルション中の水の様態
  (7)エマルションのレオロジー特性
5.おわりに

  <質疑応答>