「回帰分析」のキーワード記事検索


6件中 1~6件目

単回帰分析における回帰式の注意点

 単回帰分析とは、1個(単一)の説明変数(原因系)と目的変数(結果系)の関係を数式化することですが、基本的には直線近似を前提としています。そこで今回は、この回…

 単回帰分析とは、1個(単一)の説明変数(原因系)と目的変数(結果系)の関係を数式化することですが、基本的には直線近似を前提としています。そこで今回は、この回…

重回帰分析とは

         今回は、重回帰分析をおこなうために、ある目的変数に対して相関分析を行い、相関係数の高い項目をピッアップし、回帰式を作成したい場合を解説…

         今回は、重回帰分析をおこなうために、ある目的変数に対して相関分析を行い、相関係数の高い項目をピッアップし、回帰式を作成したい場合を解説…

単回帰分析で二変数間の従属関係を知る

1.単回帰分析とは  一般的に2変数以上の多変量のデータで、ある1変数を残りの変数で説明しようとする解析法を回帰分析と言います。主となる変数は"目…

1.単回帰分析とは  一般的に2変数以上の多変量のデータで、ある1変数を残りの変数で説明しようとする解析法を回帰分析と言います。主となる変数は"目…

エクセルでの重回帰分析

 重回帰分析といえば説明変数が複数の回帰式をいいます。ものづくりの場面ではもちろん、マーケット調査や心理学など社会科学の分野でも活用されている一方で、単回帰分…

 重回帰分析といえば説明変数が複数の回帰式をいいます。ものづくりの場面ではもちろん、マーケット調査や心理学など社会科学の分野でも活用されている一方で、単回帰分…

単回帰分析応用における信頼区間と逆推定による管理基準作成

 母体から、20個とか50個をサンプリングしてきてその平均をとった場合、母体の真の平均からずれますが、どの程度ずれているのかがわかれば非常にアクションがとりや…

 母体から、20個とか50個をサンプリングしてきてその平均をとった場合、母体の真の平均からずれますが、どの程度ずれているのかがわかれば非常にアクションがとりや…

ものづくりにおけるデータ活用術、「有用でも昔は困難、今簡単なもの」

 ものづくりの場では、様々なデータが存在します。QC7つ道具のひとつである特性要因図(下図)は、特性(結果)に対する要因(原因系)を整理する手法ですが、対策を…

 ものづくりの場では、様々なデータが存在します。QC7つ道具のひとつである特性要因図(下図)は、特性(結果)に対する要因(原因系)を整理する手法ですが、対策を…