「ステージゲート法」のキーワード記事検索


73件中 61~73件目

ステージゲート法の関係から、オープンイノベーションを考える

  オープンイノベーションの重要性が近年ますます話題に上るようになりました。企業のなかにはオープンイノベーションに向けて、専門部門を設ける企業も出てきています…

  オープンイノベーションの重要性が近年ますます話題に上るようになりました。企業のなかにはオープンイノベーションに向けて、専門部門を設ける企業も出てきています…

成果がうまく事業化されず「死の谷」へ!(死の谷とステージゲート法の違い)

 「死の谷」問題は、研究開発テーマの事業化で避けて通ることができません。これは、洋の東西を問わず、多くの企業の研究開発プロセスに横たわる問題です。 &nbs…

 「死の谷」問題は、研究開発テーマの事業化で避けて通ることができません。これは、洋の東西を問わず、多くの企業の研究開発プロセスに横たわる問題です。 &nbs…

情報・知識を集める『源』を多様化する

1.多様な情報を収集して組み合わせる  イノベーションは、異なった既に存在する知識や情報を『意外な組み合わせ』で組み合わせることから生まれることは、イノベー…

1.多様な情報を収集して組み合わせる  イノベーションは、異なった既に存在する知識や情報を『意外な組み合わせ』で組み合わせることから生まれることは、イノベー…

情報収集における形式知と暗黙知、顧客を五感で理解する

 知識には形式知と暗黙知があるということは、広く知られています。形式知とは、文章や言葉として表すことができる、また既に表された知識です。レポート、書籍、講演内…

 知識には形式知と暗黙知があるということは、広く知られています。形式知とは、文章や言葉として表すことができる、また既に表された知識です。レポート、書籍、講演内…

企業において死命を制する研究開発テーマ、創出の仕組み

1.研究開発プロセスにおけるテーマ創出の重要性  ステージゲート法は、革新的な成果を生み出すことを目的としており、その運営はテーマの多産多死を前提としていま…

1.研究開発プロセスにおけるテーマ創出の重要性  ステージゲート法は、革新的な成果を生み出すことを目的としており、その運営はテーマの多産多死を前提としていま…

研究テーマの多様な情報源(その1)自部門内

 情報源に多様性を求める場合、一番身近なのが、自部門内で様々な情報を集めることです。身近にもかかわらず、意外と活用されていないのではないでしょうか?もちろん同…

 情報源に多様性を求める場合、一番身近なのが、自部門内で様々な情報を集めることです。身近にもかかわらず、意外と活用されていないのではないでしょうか?もちろん同…

革新的テーマ創出、顧客は何に対して大きな価値と認識するのか

1.「市場の知識」は何のため?  市場の知識の重要性は、革新的テーマが最終的に大きな顧客価値を実現し提供するものであるため、そもそもそれを創出するに当たり、…

1.「市場の知識」は何のため?  市場の知識の重要性は、革新的テーマが最終的に大きな顧客価値を実現し提供するものであるため、そもそもそれを創出するに当たり、…

市場を理解する3つの視点とは

 今回は継続的に革新的テーマを創出するために、どのような視点があるかを議論してみます。 1.市場をより広く、より深く理解する  市場を理解する活動といえば…

 今回は継続的に革新的テーマを創出するために、どのような視点があるかを議論してみます。 1.市場をより広く、より深く理解する  市場を理解する活動といえば…

研究テーマの多様な情報源(その2)社内・グループ企業の知識・情報活用

 近年、自社にない機能、技術やアイデアを社外に求めるオープンイノベーションを積極的に進める企業が増えてきています。もちろん企業経営において、その重要性を否定す…

 近年、自社にない機能、技術やアイデアを社外に求めるオープンイノベーションを積極的に進める企業が増えてきています。もちろん企業経営において、その重要性を否定す…

市場の先にまで光を当ててくれる顧客の活用

1.ライトハウスカスタマーとは?  ライトハウスカスタマーとは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。lighthouseは、灯台の意味であり、ライトハウス…

1.ライトハウスカスタマーとは?  ライトハウスカスタマーとは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。lighthouseは、灯台の意味であり、ライトハウス…

研究テーマの多様な情報源(その3)社内の知識・情報を多様化する手段

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」ための具体的な有効な手段を2回に分けて議論してみます。   1.社内他事業部門・…

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」ための具体的な有効な手段を2回に分けて議論してみます。   1.社内他事業部門・…

研究テーマの多様な情報源(その4)社内の知識・情報を多様化する手段

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」具体的かつ有効な手段の後半をお届けします。   4.組織横断的な横串し活動  別稿で3M…

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」具体的かつ有効な手段の後半をお届けします。   4.組織横断的な横串し活動  別稿で3M…

本質的なニーズ、顧客は際限なくより高い水準を求める!

1.本質的ニーズは市場の将来を読む指標  市場は様々な変化促進要因により、変化しています。しかし、どのような市場要因にも影響されない顧客のニーズというものも…

1.本質的ニーズは市場の将来を読む指標  市場は様々な変化促進要因により、変化しています。しかし、どのような市場要因にも影響されない顧客のニーズというものも…

1 2 3 4 >