「ステージゲート法」のキーワード記事検索


73件中 21~40件目

研究テーマの多様な情報源(その9)ラガード

 ラガード(英語ではlaggard:遅れる人という意味)とは、新製品が上市された後で一番最後に購入する層の呼称です。今回はラガードから情報・知識を集める活動つ…

 ラガード(英語ではlaggard:遅れる人という意味)とは、新製品が上市された後で一番最後に購入する層の呼称です。今回はラガードから情報・知識を集める活動つ…

顧客の現場にある自社製品は、『トロイの木馬』

1.自社にとっての既存顧客の価値とは  マーケティングの言葉にLTV(顧客生涯価値)という言葉があります。これは、ある顧客がその生涯において自社にいくらの利…

1.自社にとっての既存顧客の価値とは  マーケティングの言葉にLTV(顧客生涯価値)という言葉があります。これは、ある顧客がその生涯において自社にいくらの利…

研究テーマの多様な情報源(その10)補完品企業

1.補完品企業から情報を収集する意義  前回は、研究テーマの多様な情報源(その9 ラガード)遅れる人とは 、でした。今回は、その10 補完品企業です。補完品…

1.補完品企業から情報を収集する意義  前回は、研究テーマの多様な情報源(その9 ラガード)遅れる人とは 、でした。今回は、その10 補完品企業です。補完品…

自社製品を利用した顧客情報の入手(民生品の場合)

 今回も前回に引き続き、自社製品を利用して利用者情報を入手する方法を、設備機器以外の製品について考えてみます。 1.顧客からのアクションを誘引する  前回…

 今回も前回に引き続き、自社製品を利用して利用者情報を入手する方法を、設備機器以外の製品について考えてみます。 1.顧客からのアクションを誘引する  前回…

研究テーマの多様な情報源(その11)顧客の顧客

 前回は、研究テーマの多様な情報源(その10 補完品企業)でした。今回は情報や知識を集める対象としての、「顧客の顧客」について議論をしたいと思います。 1.…

 前回は、研究テーマの多様な情報源(その10 補完品企業)でした。今回は情報や知識を集める対象としての、「顧客の顧客」について議論をしたいと思います。 1.…

革新的テーマを創出するために 「自社技術を市場にアピールする」

1.オープンイノベーション時代の自社技術・他社技術  オープンイノベーションは単なる流行ではなく、既に企業のコアコンセプトとして確固たる地位を確立しています…

1.オープンイノベーション時代の自社技術・他社技術  オープンイノベーションは単なる流行ではなく、既に企業のコアコンセプトとして確固たる地位を確立しています…

自社の技術知識を強化・拡大するための『TCAS』モデルとは

 革新的テーマのスパーク(新結合)には「市場知識」「技術知識」「自社の強み」の3つの原料が必要とされます。  研究開発に携わる人たちにとっては、「技術知識」…

 革新的テーマのスパーク(新結合)には「市場知識」「技術知識」「自社の強み」の3つの原料が必要とされます。  研究開発に携わる人たちにとっては、「技術知識」…

研究テーマの多様な情報源(その12)消費財製品にとっての顧客

1.消費財(B2C製品)にとっての「顧客の顧客」は?  前回のその11に続いて、解説します。業務効率化の活動には、「次工程を顧客と考える」という視点がありま…

1.消費財(B2C製品)にとっての「顧客の顧客」は?  前回のその11に続いて、解説します。業務効率化の活動には、「次工程を顧客と考える」という視点がありま…

革新的テーマ発見のための自社の強み、コア技術

 市場でニーズを見つけ、そのニーズに向けて製品を実現するための技術があれば、製品・サービスを生み出せます。しかし、そこから自社が確実に収益を上げるには、潜在競…

 市場でニーズを見つけ、そのニーズに向けて製品を実現するための技術があれば、製品・サービスを生み出せます。しかし、そこから自社が確実に収益を上げるには、潜在競…

ステージゲート法、ゲートキーパーが判断を誤る場合も想定に入れておく必要とは

 テーマの評価に当って、プロジェクトチームメンバーの熱意を重要な評価項目としている企業が少なからずありますが、私はあまり賛成していません。  以下、ゲートに…

 テーマの評価に当って、プロジェクトチームメンバーの熱意を重要な評価項目としている企業が少なからずありますが、私はあまり賛成していません。  以下、ゲートに…

研究テーマの多様な情報源(その13)オープンイノベーション

1.オープンイノベーションとは  前回のその12に続いて、解説します。オープンイノベーションとは、ハーバード・ビジネススクールのヘンリー・チェスブローにより…

1.オープンイノベーションとは  前回のその12に続いて、解説します。オープンイノベーションとは、ハーバード・ビジネススクールのヘンリー・チェスブローにより…

ステージゲート法とディスカウントキャッシュフロー (その1)

1.日本では人気のないディスカウント・キャッシュフロー法  欧米では、研究開発テーマを含め、プロジェクトの財務評価に利用されている指標に、ディスカウント・キ…

1.日本では人気のないディスカウント・キャッシュフロー法  欧米では、研究開発テーマを含め、プロジェクトの財務評価に利用されている指標に、ディスカウント・キ…

革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出する

 前回は、革新的テーマ発見のための自社の強み、コア技術を解説しました。今回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出するです。スパーク(化学変化)により革新…

 前回は、革新的テーマ発見のための自社の強み、コア技術を解説しました。今回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出するです。スパーク(化学変化)により革新…

ステージゲート法とディスカウントキャッシュフロー (その2)

 前回はゲートでの財務評価のディスカウント・キャッシュフロー(DCF)法を説明しましたが、今回はDCF法による財務評価の価値の議論をしたいと思います。&nbs…

 前回はゲートでの財務評価のディスカウント・キャッシュフロー(DCF)法を説明しましたが、今回はDCF法による財務評価の価値の議論をしたいと思います。&nbs…

革新的テーマを生むための4つの要件

 前回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出することを解説しました。今回は、革新的テーマを生むための4つの要件です。ここまで、スパーク(化学変化、新結合…

 前回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出することを解説しました。今回は、革新的テーマを生むための4つの要件です。ここまで、スパーク(化学変化、新結合…

ステージゲート法の課題と対応(ゲートキーパーはプロジェクトを中止する)

1.ステージゲート法を展開する上での課題  ステージゲート法は、ステージ(活動)とゲート(活動結果の評価の場と次の活動への関門)という大変シンプルな構造です…

1.ステージゲート法を展開する上での課題  ステージゲート法は、ステージ(活動)とゲート(活動結果の評価の場と次の活動への関門)という大変シンプルな構造です…

研究テーマの多様な情報源(その14)まずは情報発信

1.オープンイノベーションに向けての主体的活動の限界  前回のその13 オープンイノベーションに続いて解説します。オープンイノベーションによって情報・知識を…

1.オープンイノベーションに向けての主体的活動の限界  前回のその13 オープンイノベーションに続いて解説します。オープンイノベーションによって情報・知識を…

ステージゲート法における事業評価項目

 今回はステージゲート法実行時における事業評価について説明します。   1.事業評価  ステージゲート法の目的は、プロジェクトの事業の成功の視…

 今回はステージゲート法実行時における事業評価について説明します。   1.事業評価  ステージゲート法の目的は、プロジェクトの事業の成功の視…

革新的テーマを継続的に創出するための環境要件

1.革新的テーマを生む「ハード」と「ソフト」の仕組み  ステージゲート法など、テーマ事業化のプロセスである「ハードの仕組み」の導入と並行して必要なのが、研究…

1.革新的テーマを生む「ハード」と「ソフト」の仕組み  ステージゲート法など、テーマ事業化のプロセスである「ハードの仕組み」の導入と並行して必要なのが、研究…

研究テーマの多様な情報源(その15)情報発信のマーケティング

1.情報マーケティングのSTP+4P  前回のその14に続いて、今回も、情報・知識を多様化するコンセプトとしてのオープンイノベーションを議論します。  ま…

1.情報マーケティングのSTP+4P  前回のその14に続いて、今回も、情報・知識を多様化するコンセプトとしてのオープンイノベーションを議論します。  ま…

1 2 3 4