ホーム > 技法解説 > 情報マネジメント > 共有データサーバ

共有データサーバ とは

共有データサーバは、いまや組織のナレッジマネジメントに必須の概念であり、PCは計算機というより、サーバーにアクセスするための端末となっています。組織の中でどのように情報を管理し、構成するかは、業務の生産性に極めて大きな影響を与えます。


共有データサーバの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

共有データサーバの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


共有データサーバの専門家

氏名 会社名
石橋 良造 株式会社 RDPi 組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善するこ…
坂東 大輔 坂東技術士事務所 技術士(情報工学部門)と通訳案内士(英語)の二刀…
日名地 輝彦 株式会社応用技術研究所 豊かな社会のために基礎技術を組み合わせ、新しい付…

共有データサーバで解決できる課題

14件中 114件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 生産情報を正確、迅速に入手したい
3 市場品質 測定器校正のトレーサビリティを確保したい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい
1 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 市場品質 不良品の市場流出を防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい
1 市場品質 返品製品の不具合再現、解析を効率化したい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら