ホーム > 技法解説 > QC7つ道具 > 散布図

散布図 とは

散布図とは、2つの特性間の相関を評価するために、縦と横にそれぞれ2特性値を配置し、サンプル毎にその2特性値に対応した座標にプロットした図のことです。


散布図の解説記事一覧

散布図の活用事例一覧

事例研究:原料の成分分析から異常を特定 (2016-02-19)


散布図で解決できる課題

14件中 114件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
3 生産 慢性品質不良を解決したい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 技術完成度を早く的確に評価したい
1 設計・開発 多元材料で最適比率を求めたい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 突発品質不良を早く解決したい
1 生産 品質問題を早期発見したい
1 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 生産 製品規格、工程内検査の規格を合理的に決定したい
1 生産 重要管理項目を設定したい
1 市場品質 不良品の市場流出を防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら