「KT法」とは

KT(Kepner&Tregoe)法とは、米国のケプナーとトリゴーが体系化した、意思決定の効率的な思考プロセスです。 二人は意思決定のプロセスを分析し、複雑な状況を理解し、物事の因果を解明し、良い選択をおこない、未来を予測することで問題解決に対する適切な判断ができるとしました。


「KT法」のキーワード解説記事

もっと見る
意思決定のためのKT法(その1) KT法とは

 現代のような不確実性の時代に、技術者や管理者に最も求められる能力は、価値観や社会システムがどんなに変わろうとも陳腐化しない汎用的な問題解決能力です。筆者は、…

 現代のような不確実性の時代に、技術者や管理者に最も求められる能力は、価値観や社会システムがどんなに変わろうとも陳腐化しない汎用的な問題解決能力です。筆者は、…


意思決定のためのKT法(その2) 状況分析

 前回のその1、KT法とは、に続き今回はKT法における状況分析(SA)を、事例を通じて解説します。  半導体の生産プロセス中での測定工程は、今回の課題解決当…

 前回のその1、KT法とは、に続き今回はKT法における状況分析(SA)を、事例を通じて解説します。  半導体の生産プロセス中での測定工程は、今回の課題解決当…


意思決定のためのKT法(その3) 問題分析

 前回は、合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その2 状況分析)を解説しました。今回は、その3です。電子部品を工場で基板に装着する場合、チップマンター…

 前回は、合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その2 状況分析)を解説しました。今回は、その3です。電子部品を工場で基板に装着する場合、チップマンター…