ホーム > 技法解説 > 品質マネジメント > KT法

KT法 とは

KT(Kepner&Tregoe)法とは、米国のケプナーとトリゴーが体系化した、意思決定の効率的な思考プロセスです。 二人は意思決定のプロセスを分析し、複雑な状況を理解し、物事の因果を解明し、良い選択をおこない、未来を予測することで問題解決に対する適切な判断ができるとしました。


KT法の解説記事一覧

KT法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


KT法の専門家

氏名 会社名
粕谷 茂 ぷろえんじにあ 「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のた…

KT法で解決できる課題

24件中 124件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 突発品質不良を早く解決したい
3 生産 慢性品質不良を解決したい
3 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 複数の案から最適なものを選択したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 設計・開発 効果的な特許を創出したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 生産スループット、生産量を上げたい
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい
1 市場品質 不良品の市場流出を防止したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい
1 市場品質 返品製品の不具合再現、解析を効率化したい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら