「冗長設計」とは

冗長設計とは、万一事故があった時に機能や情報などに冗長度を持たせることで、事故やトラブルを防止したり、被害を低減したりする設計方法です。 並列装置が自働で切り替わる「常時冗長」、待機装置を異常時のみ切り替える「待機冗長」、n系統のシステムのうちk系統が正常であれば動作を継続できる「koutofnシステム」、動作原理の異なるシステムで補完しあう「ダイバーシティ」などの方式があります。