ホーム > 技法解説 > 安全工学 > 安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)

安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ) とは

安全設計手法は多々提案されていますが、フールプルーフ、フェイルセイフはその代表でしょう。 フールプルーフは、危険な行動をしようとしてもできない構造に設計することで、フェイルセイフはトラブル発生時に設備が安全側に動作、停止する仕組みです。


安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)の解説記事一覧

安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)の活用事例一覧

フールプルーフ設計を忘れたドラム式洗濯機 (2015-07-08)
広告による安全とその事例 (2014-03-08)


安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)の専門家

氏名 会社名
秋山 高広 A-MEC株式会社 究極のムダゼロ生産を目指して!JIT生産/セル生…
横山 篤志 横山MSC行政書士事務所 私は、次の視点で顧客企業の支援を致します。Ⅰ明る…
遠山 純夫 遠山コンサルオフィス ものづくり企業の経営・技術課題をワンストップで解…
神谷 勝文 株式会社 ワールドテック 自動車関連製造で培ったモノづくり技術力を上流から…

安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)で解決できる課題

6件中 16件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 設備可働率を上げたい
3 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 事故の再発を防止したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら