ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > NM法

NM法 とは

NM法とは、創造工学研究所所長の中山正和氏が考案した問題解決、創造性開発のための技法で、最初のキーワードから一定の手順で類推を反復、選択することで、実際に問題を解決するための具体的アイデアを引き出します。 その手順は、以下のようになります。 (1)課題を決める (2)キーワードを決める (3)類比を発想する (4)アナロジーの背景を探る (5)アイデアを強引に発想する (6)解決案にまとめる 使い方が単純で製品開発の創案に有効です。


NM法の解説記事一覧

NM法とは (2014-08-07)

NM法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


NM法の専門家

氏名 会社名
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…
古謝 秀明 USITものづくり技術サポート 開発に行き詰まったとき、図解の力で解決の方向を示…

NM法で解決できる課題

9件中 19件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 効果的な特許を創出したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら