「焦点発想法」とは

焦点発想法とは、アイデア対象と全く違う分野の対象に焦点をあて、属性(機能や特徴)を列挙し、それらをやや抽象化した中間アイデアをアイデア対象に適用して創案する方法です。 まずは自分が好きだったり得意な分野の対象物を思い浮かべ、そこから気が付く多面的な要素(色、形、性格、付属物など)を抽出し、そこからの連想で実際の目的に合ったものをイメージします。 慣れれば短時間で大量のアイデアを創出することができます。


「焦点発想法」のキーワード解説記事

もっと見る
アイデア発想法とは(その2)

 前回のその1に続いてアイデア発想法を解説します。商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。今回は、焦点発想法に…

 前回のその1に続いてアイデア発想法を解説します。商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。今回は、焦点発想法に…


アイデア発想法とは(その3)

 前回のその2に続いてアイデア発想法を解説します。商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。今回は、焦点発想法の…

 前回のその2に続いてアイデア発想法を解説します。商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。今回は、焦点発想法の…


アイデア発想法とは(その4) アナロジー発想法とは

 商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。アイデア発想法の中でアナロジー発想法について解説します。 &nbs…

 商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。アイデア発想法の中でアナロジー発想法について解説します。 &nbs…