「5F(ファイブフォース)分析」とは

5F(ファイブフォース)分析とは、M.ポーターが提唱する競争分析のフレームワークであり、競争相手の力(フォース)には5種類あるという理論で、①同業他社、②買い手、③売り手、④新規参入、⑤代替の5つの視点を検討します。 まず自社の業界で重要な競争視点を評価し、その中での競争ポジションを決定します。同業他社を見逃すことはまずありませんが、代替品は軽視しがちで対応が遅れると致命的になるので、注意が必要です。


「5F(ファイブフォース)分析」のキーワード解説記事

もっと見る
ファイブ・フォース(5つの力)とは

 企業活動には様々な意思決定場面がありますが、そこで必要となってくるのが自社が置かれている環境を把握することです。企業を取り巻く外部の環境は、マクロ環境とミク…

 企業活動には様々な意思決定場面がありますが、そこで必要となってくるのが自社が置かれている環境を把握することです。企業を取り巻く外部の環境は、マクロ環境とミク…


5F(ファイブフォース)による業界構造の分析

 競争戦略の策定に向けて、属する業界を全体的に分析し、業界の今後の変化を予測するとともに、競争相手の特性と自社の競争上の地位を理解する必要があります。そのため…

 競争戦略の策定に向けて、属する業界を全体的に分析し、業界の今後の変化を予測するとともに、競争相手の特性と自社の競争上の地位を理解する必要があります。そのため…