ホーム > 技法解説 > 戦略/マーケティング > 5F(ファイブフォース)分析

5F(ファイブフォース)分析 とは

5F(ファイブフォース)分析とは、M.ポーターが提唱する競争分析のフレームワークであり、競争相手の力(フォース)には5種類あるという理論で、①同業他社、②買い手、③売り手、④新規参入、⑤代替の5つの視点を検討します。 まず自社の業界で重要な競争視点を評価し、その中での競争ポジションを決定します。同業他社を見逃すことはまずありませんが、代替品は軽視しがちで対応が遅れると致命的になるので、注意が必要です。




5F(ファイブフォース)分析の解説記事一覧

5F(ファイブフォース)分析の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


5F(ファイブフォース)分析の専門家

氏名 会社名
村上 英樹 ビジネスアシストshoei 金型・部品加工業専門コンサルティングです!販路開…
中桐 有道 中桐マーケティング研究所 主にIT関連外資系企業で生産・営業・マーケティン…
岩島 光太郎 株式会社デイプロット 異分野技術を組み合わせて、付加価値新商品で稼げる…
徳山 正康 テクノポート株式会社 新規顧客開拓や新技術・製品PRを目的としたWeb…
川井 久 株式会社NewBeginningsJapan 当社の理念はPay Forward「豊かな日本を…
糸久 正人 法政大学社会学部 自動車産業を得意とするものづくり戦略研究家
石田 厚子 東京電機大学情報環境学部 市場、顧客の立場に立って、真に求められるものは何…

5F(ファイブフォース)分析で解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら