「GDP(医薬品適正流通)」とは

GDP(Good Distribution Practices)とは、医薬品の製造工場出荷から使用する患者に届くまでの輸送・保管過程での品質保証基準で、GMP(Good Manufacturing Practices:製造業者の品質保証基準)を補完し、全体として医薬品の安全・品質を確保することを目的としています。 温度をはじめとした輸送・保管環境の管理と逸脱した場合の対応、流通体制の一貫したルールでの適正管理、偽造医薬品対策などを主な内容としています。

サプライチェーンマネジメント関連の記事紹介

サプライチェーンマネジメント関連のセミナー紹介

サプライチェーンマネジメント関連の教材紹介