「SWOT分析」とは

SWOT分析とは、1960年代に考案された、組織のビジョンや戦略を企画立案する際に利用する現状を分析する手法の一つ。SWOTは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字を取ったものです。 SとWは内部環境即ち自分たちの組織を分析し、OとTは外部環境即ち自分たちでは動かし難状況を分析します。 ここから戦略を作成するには、内部環境と外部環境を掛け合わせた4つの組合せに関する検討が有効で「クロスSWOT分析」と呼ばれます。


「SWOT分析」のキーワード解説記事

もっと見る
SWOT分析による戦略の策定

 組織のビジョンや戦略の策定において、外部環境のどの市場機会にフォーカスして、内部環境(自社の経営資源)をどうやって適合させていかくかということがポイントにな…

 組織のビジョンや戦略の策定において、外部環境のどの市場機会にフォーカスして、内部環境(自社の経営資源)をどうやって適合させていかくかということがポイントにな…