「数量化分析」とは

数量化分析は、日本人学者の林知己夫が開発した統計技法であり、数値としての意味を持たない統計データを扱う方法です。 数量化Ⅰ類(数値データを基準にしてカテゴリーの関係を数値化)、数量化Ⅱ類(質的データを基準にしてカテゴリーの関係を数値化)、数量化Ⅲ類(外的基準がない場合のカテゴリーを数値化)、数量化Ⅳ類(変量間相互の親近性からカテゴリーの関係を数値化)の4種類から成っています。 工業的な利用だけでなく、マーケティングのアンケートなどでも活用されています。