ホーム > 技法解説 > 新QC7つ道具 > マトリックス図法

マトリックス図法 とは

マトリックスとは縦横すなわち行と列からなる構造であり、マトリックス図法とは、ある事象を表現する二つの特性を縦横の表形式に配置することで問題点を多面的に把握し、その解決に役立てる方法です。 二つの項目の関連度合いを◎○△などと記入してゆく事で、問題の分布状況や全体像が理解しやすくなります。 項目の選び方が重要ですので、連関図や系統図などを利用して重要項目を選択します。 QFDの品質表も、顧客要求(VOC)と品質特性を2軸としたマトリクス図の一種と言えます。


マトリックス図法の解説記事一覧

マトリックス図法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


マトリックス図法の専門家

氏名 会社名
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…

マトリックス図法で解決できる課題

11件中 111件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 複数の案から最適なものを選択したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 生産 生産スループット、生産量を上げたい
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 環境に配慮した生産を実現したい
1 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら