ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > SCAMPER

SCAMPER とは

SCAMPERとは、A・オズボーンによって開発され、B・エバールがまとめあげたアイデア出しの7つのチェックリストで、次のようにそれらの英語表現の頭文字を取ったものです。 (1)Substitute(換える) 、(2)Combine(結びつける)、(3)Adapt(適応させる) 、(4)Modify(修正する) 、(5)Put to other purposes(他の目的に使用する)、(6)Eliminate(除く) 、(7)Rearrange/Reverse(並べ替える/逆にする) これによって強制的にアイデアを発想させることが可能になります。


SCAMPERの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

SCAMPERの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


SCAMPERの専門家

氏名 会社名
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…

SCAMPERで解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
3 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら