ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 等価交換法

等価交換法 とは

等価交換法とは、対象となるものをほかのものと一旦置き換えて、そこからアイデアを膨らませていく発想法です。 例えば新しいバケツを考えるときに、同じ水を入れるという点でコップをイメージして、コップに特有の性質を考えます。 「透明である」「6個入り販売」「取手付き」「模様付」などの特性を持っていますから、これらをバケツに取り入れたらどうなるだろうと考えるわけです。 非常にシンプルで、自然にやっている人もいるかもしれませんが、手法と捉えることでシステマチックに考えることが可能となります。


等価交換法の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

等価交換法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


等価交換法の専門家

氏名 会社名
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…

等価交換法で解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
3 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 全体/その他 自社の課題を明確にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら