ホーム > 技法解説 > 戦略/マーケティング > 3C分析

3C分析 とは

3C分析とは、外部要因であるCustomer(顧客)、Competitor(競合)、そして内部要因としてのCompany(自社)という3つの観点から、客観的かつ網羅的に環境をすることで、企業戦略や事業戦略の策定に活用する手法です。 当然ですがこれら3つはばらばらに扱うのではなく、ターゲットとする顧客を定義してその特性を分析したら、その特性に関連する自社と競合の項目をできる限り定量的に比較することが必要で、その上で競合に勝って顧客を取り込む戦略を打ち立てなくてはなりません。

3C分析のセミナー

研究・開発の視点を拡げ、結果を生み出す商品企画の基礎とマーケティング理論 <実務を見据えた演習つきセミナー>
開催日 (登録日:2017-7-2 / 開催日:2017-9-14)
説明 【商品企画】とは?「売れるシナリオ、計画書、戦略書の書き方」?不可欠なマーケティング理論も! 講師 (有)イヴロード 代表取締役  山口 雄一郎 先生講師紹介1983年、大手…



3C分析の解説記事一覧

3C分析の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


3C分析で解決できる課題

11件中 111件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
3 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
3 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
2 企画 企画構想の変更を防止したい
2 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
2 全体/その他 自社の課題を明確にしたい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 複数の案から最適なものを選択したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい
1 全体/その他 業績を上げたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら