「クラスター分析」とは

クラスター分析とは、分析対象となるサンプル間の類似度や非類似度に基づいて、いくつかのクラスター(集団)に分類する方法の総称です。 類似度を指標としては相関係数や連関係数を用い、被類似度には2点間の距離がよく用いられます。 クラスターの数はサンプルのまとまり具合や、仮説によって評価者が設定し、その数になるまでクラスターを統合していきます。 これによって選挙候補者をグループ分けしたり、マーケティングのセグメントを検討したりします。