ホーム > 技法解説 > SQC(統計的品質管理) > クラスター分析

クラスター分析 とは

クラスター分析とは、分析対象となるサンプル間の類似度や非類似度に基づいて、いくつかのクラスター(集団)に分類する方法の総称です。 類似度を指標としては相関係数や連関係数を用い、被類似度には2点間の距離がよく用いられます。 クラスターの数はサンプルのまとまり具合や、仮説によって評価者が設定し、その数になるまでクラスターを統合していきます。 これによって選挙候補者をグループ分けしたり、マーケティングのセグメントを検討したりします。


クラスター分析の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

クラスター分析の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


クラスター分析の専門家

氏名 会社名
石井 一夫 久留米大学バイオ統計センター ゲノム科学、ビッグデータとクラウドコンピューティ…

クラスター分析で解決できる課題

7件中 17件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
3 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 複数の案から最適なものを選択したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら