「PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)」とは

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは、コンサルティング会社のボストン・コンサルティング・グループが考案した事業毎の経営資源最適配分を考えるフレームワークです。 PPMでは2つの軸を取り、横軸Xに相対マーケットシェア、縦軸Yに市場成長率を取って事業を4つの象限に分類します。 基本的な戦略はX大Y小で利益の源泉である「金のなる木」から、X大Y大で競争は激しいものの将来の利益源候補である「花形」に資金を注入します。 X小Y小で現在将来とも利益を見込めない「負け犬」は撤退を検討し、X小Y大の場合はどこまで投資して「花形」に成長させるか検討すべき「問題児」として扱われます。 B


「PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)」のキーワード解説記事

もっと見る
PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)を活用した経営戦略

1.PPMによる事業・商品の分析  PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)は、その名のとおり、プロダクト(製品・商品)のポートフォリオを管理…

1.PPMによる事業・商品の分析  PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)は、その名のとおり、プロダクト(製品・商品)のポートフォリオを管理…