FMEAの目的と本質 (その1)

 FMEA(故障モードとその影響の解析)は、製品設計段階と、工程の設計段階で実施されます。理論の理解は大切ですが、実務で使えなければ意味がありません。FMEA作成の前段階で理解が欠かせないのは以下の項目です。
 
   ① 不良と故障、故障モードの違い
   ② 工程FMEAの故障モードの意味
   ③ 機能設計と信頼性設計の違い
   ④ 相対評価法と絶対評価法の違い
 
 FMEA/FTAの理論は、ものづくり工程に適用する手法は未だ未完成の状態です。実務へ適用するに当たっての問題点と適用方法を良く理解する必要があります。
 

1.FMEAとは

 FMEAとは、下図のように「信頼性設計が万全かどうか評価する手段」のことです。良く自動車は、安全上の欠陥が問題となって、リコールを実施します。これは、信頼性設計が不備であるために、市場で故障や事故が起きるのです。最悪は、人がけがをしたり生命にかかわる事故も発生します。このような事を防ぐために、信頼性設計をしっかりやり、そして念のためにFMEAを実施するのです。
 
        
FMEA
 

2.故障モードとは

 製品の故障モードは、例えば、断線、短絡、折損、摩耗、などの特性の劣化のことで、動作停止、異音、などの「故障」をもたらす原因です。製品・システムを構成する要素の構造的な破壊をいいます。
 
 「故障」とは「故障モード」と区別され、機能障害をいいます。何もなくただ機能しないということはありえなく、その製品が機能しない原因となる不具合が必ずあります。この故障(機能障害)を引き起こした不具合、これが故障モードです。
 

セミナー「信頼性技法実践講座:FMEA・FTA」

9:20 ~ 17:00 

福岡・福岡商工会議所

50,760円

3.故障モードに注目する理由

 全く用途も構造も異なる機器でも、電気回路を内蔵している限り、例えば「断線」ということが起こるかもしれません。機器やそのモデルごとに起こりうる故障を全て考えるのは一般的に不可能ですが、故障を引き起こす不具合、つまり故障モードは類型的に分類できます。
 
 また、ある製品の新しいモデルがどう故障しやすいか直接予想することは難しいですが、断線などの故障モードはどうして起こるか、どれくらい起こりやすいか、ある程度予想が可能です。
 
 それで、故障モードから故障にいたるメカニズムを手繰っていくことで「故障の質的予想を系統的に統一的に行うことが可能になります」これが故障モードを考え
る意味です。
 
 次回、その2は、FMEAの実施手順から、解説します。
 

この記事の著者

濱田 金男

製造業の現場ですぐ使える独自の品質改善技法の開発と普及活動を行っています。 「ヒューマンエラー防止対策」「簡易FMEA/FTA」「しくみを対策するなぜなぜ2段階法」

製造業の現場ですぐ使える独自の品質改善技法の開発と普及活動を行っています。 「ヒューマンエラー防止対策」「簡易FMEA/FTA」「しくみを対策するなぜなぜ...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「FMEA」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「濱田 金男」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。