キーワード記事検索


2,454件中 1~20件目

データ分析講座(その56) AIには効率性を追求させて、人は人間らしさを発揮

◆ AIでデータの価値は最大化するかもしれないが、人は人間らしさを発揮する必要がある  数十年前に人工知能学会に参加していたとき、ここまでAI(人工...

◆ AIでデータの価値は最大化するかもしれないが、人は人間らしさを発揮する必要がある  数十年前に人工知能学会に参加していたとき、ここまでAI(人工...

データ分析講座(その55) 分析に求められる洞察力の基礎とは

◆ 目的無きデータ分析にも意味はある。遠回りかもしれないが、良いこともある  よくデータ分析するとき、目的を明確にせよ! と言います。正しいでしょう...

◆ 目的無きデータ分析にも意味はある。遠回りかもしれないが、良いこともある  よくデータ分析するとき、目的を明確にせよ! と言います。正しいでしょう...

中国工場の品質改善(その30) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本工場と中国工場の違い】  前回のその29に続いて解説します。 (5)お礼の言葉は一回のみ  中国人の同...

【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本工場と中国工場の違い】  前回のその29に続いて解説します。 (5)お礼の言葉は一回のみ  中国人の同...

データ分析講座(その54) IT化が貧弱でも、すぐれた洞察力さえあればどうにかなる

◆ データ活用では、最後は洞察力がものをいう  今はビッグデータの時代と言われ、そのデータをどうにか活用しようと、大企業とベンチャー企業を中心に、し...

◆ データ活用では、最後は洞察力がものをいう  今はビッグデータの時代と言われ、そのデータをどうにか活用しようと、大企業とベンチャー企業を中心に、し...

儲かるメーカー改善の急所101項(その24) 会社を変える改善

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 【急所24】会社を変える改善  よくある改善の仕組みで「改善提案制度」というものがあります。  仕事をやり易く...

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 【急所24】会社を変える改善  よくある改善の仕組みで「改善提案制度」というものがあります。  仕事をやり易く...

データ分析講座(その53) ビジネスの現場で時系列データに遭遇したときに、押さえておくべき3つの視点とは

◆ ビジネス系のデータは、時系列が多い。そこで、先ず3つの視点で分析。  今どきの高校生は、統計学やデータ分析を普通に授業で学んでいます。私が高校時...

◆ ビジネス系のデータは、時系列が多い。そこで、先ず3つの視点で分析。  今どきの高校生は、統計学やデータ分析を普通に授業で学んでいます。私が高校時...

データ分析講座(その52) 分析手法を確実にビジネスに活かすのに大事なこととは

◆ ディープラーニングと唱えてもデータ活用は実現しないという現実  数理モデルの一つに過ぎないディープラーニングが、すべてを解決するかのような風潮で...

◆ ディープラーニングと唱えてもデータ活用は実現しないという現実  数理モデルの一つに過ぎないディープラーニングが、すべてを解決するかのような風潮で...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その59) 企画が通らない時に、確認することとは

1. 企画の承認が得られない悩み  商品・R&D開発テーマの企画提案について、なかなか承認が得られないという相談を受けました。この悩みは大企...

1. 企画の承認が得られない悩み  商品・R&D開発テーマの企画提案について、なかなか承認が得られないという相談を受けました。この悩みは大企...

中国工場の品質改善(その29) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本工場と中国工場の違い】  前回のその28に続いて解説します。 (2)謝罪のない文化  中国の謝罪のない...

【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本工場と中国工場の違い】  前回のその28に続いて解説します。 (2)謝罪のない文化  中国の謝罪のない...

儲かるメーカー改善の急所101項(その23) コミュニケーションのとり方

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 【急所23】コミュニケーションのとり方  「私たちは自分が何を知らないかを知ることはできません。あれを知らないか...

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 【急所23】コミュニケーションのとり方  「私たちは自分が何を知らないかを知ることはできません。あれを知らないか...

データ分析講座(その51) より高度な分析にこだわる罠とは

◆ 高度なデータ分析にこだわるほど、データ活用から遠のくという悲しい現実  データ分析の実務を始めたころに、誰もが陥る罠があります。実は、人によって...

◆ 高度なデータ分析にこだわるほど、データ活用から遠のくという悲しい現実  データ分析の実務を始めたころに、誰もが陥る罠があります。実は、人によって...

データ分析講座(その50) マーケティングや営業系のデータ分析:売上分析の目的

◆ 目的無きデータ分析は無意味というけれど、売上分析に限れば結局3つしかないので、そこから選べばいい  目的無きデータ分析は、無意味だし、そもそも順...

◆ 目的無きデータ分析は無意味というけれど、売上分析に限れば結局3つしかないので、そこから選べばいい  目的無きデータ分析は、無意味だし、そもそも順...

儲かるメーカー改善の急所101項(その22) 改善の優先順位

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 【急所22】改善の優先順位  以前に「安全第一」を掲げている工場で、安全帯を装着しないで高所作業をしている作業者...

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 【急所22】改善の優先順位  以前に「安全第一」を掲げている工場で、安全帯を装着しないで高所作業をしている作業者...

データ分析講座(その49) データの活かしどころを具体化することの重要性

  ◆ データ活用の成否に企業規模は関係ないが、成功確率に差がある理由  数年前に統計学やビッグデータというキーワードが注目され、今では機械...

  ◆ データ活用の成否に企業規模は関係ないが、成功確率に差がある理由  数年前に統計学やビッグデータというキーワードが注目され、今では機械...

顧客の声から顧客の価値へ(その10) VOC:最終回

   これまで「顧客の声から顧客の価値へ」と題して、VOC(ボイス・オブ・カスタマー)の基本的な内容について解説してきましたが、如何でしたか。...

   これまで「顧客の声から顧客の価値へ」と題して、VOC(ボイス・オブ・カスタマー)の基本的な内容について解説してきましたが、如何でしたか。...

データ分析講座(その48) データ活用効率化とデータ活用の仕組み化

◆ データ分析の力は「1→100」で発揮されるけど、データ活用のことはじめは「0→1」  0(ゼロ)から全く新しい価値を創造し仕...

◆ データ分析の力は「1→100」で発揮されるけど、データ活用のことはじめは「0→1」  0(ゼロ)から全く新しい価値を創造し仕...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その67) 知識・経験を物理量で整理する

 前回までは、知識や経験を時系列で整理するという話をしてきましたが、当然時系列以外の物理量という軸があります。今回からは「知識・経験を物理量で整理する...

 前回までは、知識や経験を時系列で整理するという話をしてきましたが、当然時系列以外の物理量という軸があります。今回からは「知識・経験を物理量で整理する...

顧客の声から顧客の価値へ(その9) 品質ギャップ分析とは

   今回は、顧客価値マップについて解説し、それから市場で競争優位を築くための手法として品質ギャップ分析を解説します。 1. 顧客価値マップ...

   今回は、顧客価値マップについて解説し、それから市場で競争優位を築くための手法として品質ギャップ分析を解説します。 1. 顧客価値マップ...

データ分析講座(その47) データ活用の見通しを明るくするには

◆ データを活用した大いなる成功になるかどうかの成否を分ける、一つの質問とは  ビッグデータが騒がれて大分たちます。不思議なことに、派生した用語(デ...

◆ データを活用した大いなる成功になるかどうかの成否を分ける、一つの質問とは  ビッグデータが騒がれて大分たちます。不思議なことに、派生した用語(デ...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その58) 腹落ちする戦略への近道とは

◆ ありたい姿は自分ごとにする 1. 腹落ちしない戦略  事業戦略や技術戦略のコンサルティングを行う中で次のようなケースに出会います。  時間を...

◆ ありたい姿は自分ごとにする 1. 腹落ちしない戦略  事業戦略や技術戦略のコンサルティングを行う中で次のようなケースに出会います。  時間を...