基礎から学ぶ、事例をふまえたコロナ処理技術

桜井 行平 春日電機(株) コロナ処理技術部 部長

構成

B5判簡易リング製本 44頁:発刊日 2006年8月31日

分野

生産マネジメント > 生産工学

制作

サイエンス&テクノロジー株式会社

価格

21,600円 (税抜 20,000円) 1点<在庫あり

商品説明

−コロナ表面改質の現状・考え方・活かし方−

コロナ放電表面処理装置、処理効果から静電気の考え方まで!

発刊にあたって

(発刊にあたっての言葉) 
 弊社は主に静電気関連、コロナ表面改質装置を自社開発し、業界で採用いただき、性能の向上をはかり、改良、改善を行ない、産業界に貢献出来る体制を会社方針としております。 
本編がものづくりされるうえで役立てば幸いです。

内容紹介

第1章 表面改質の必要性 

第2章 コロナ放電表面改質の現状 

第3章 用途 
 1. 印刷 
 2. 接着 
  2.1 溶融樹脂との貼り合わせ 
  2.2 接着剤(バインダー)による接着 
 3. コーティングの前処理 
 4. 成型品の処理 
 5. その他の利用 

第4章 コロナ放電表面処理装置 
 1. 高周波電源の性能 
 2. 処理ステーションの基本構造と種類 
  2.1 絶縁性基材用処理装置(樹脂フィルム・シート、紙等) 
  2.2 導電性基材用処理装置(導電性フィルム・シート、導電体複合基材、金属箔、金属板等) 
  2.3 放電電極の寿命と選択 
  2.4 処理ロール 

第5章 処理効果 
 1. 放電量と処理効果(ぬれ張力値) 
 2. 放電電極(3型6山・5型8山)による処理効果の比較 
 3. 放電の強さ(放電度W/cm2)による処理効果への影響 
 4. 処理効果の経日変化 
 5. コロナ放電処理と帯電 

第6章 装置の運用 

第7章 印刷及び薄膜コーティングムラの解決 
 1. 概要 
 2. 特長 

第8章 新性能「高周波電源」と5型電極による実例 
 1. BOPP(二軸延伸ポリプロピレン)フィルム 
 2. PET フィルム 
 3. LLDPE(線状低密度ポリエチレン)フィルム 
 4. CPP(無延伸ポリプロピレン)フィルム(AGI-160型とAGI-163 型の処理効果) 
 5. 処理効果と電気特性について 

第9章 チューブ状フィルム及び多層構成のフィルムにおける 
                コロナ放電での静電気吸着力の制御方法
 
 1. 概要 
 2. 従来技術 
 3. 新しい技術 
 4. 効果 

第10章 静電気の考え方 
 1. 電荷と電圧の基礎式 
 2. フィルムライン上での表面電位 
 3. コロナ放電による電荷の状態 
 4. 高密度除電後の電荷の状態