ExcelかんたんVBA2007コース[応用編]

構成

テキスト2冊/テスト2回  テスト形式:Web選択

分野

人的資源マネジメント > 人財教育
情報マネジメント > 情報マネジメント

制作

価格

19,800円 (税抜 18,000円) 1点 在庫あり

商品説明

Excel2007を効率的に使いこなそう!

学習期間:2ヶ月

●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)7.0以上

学習のねらい

 本講座は、あまりプログラミングに詳しくない人を対象に、Excelを自動操縦したり専用のフォームを使って業務処理を効率的に行えるようにする、Excel VBAというマクロ言語によるマクロ処理の基礎を学ぶ講座です。
 Excel2007には、VBA(Visual Basic for Applications)と呼ばれるマクロ言語が組み込まれています。この言語を使うと、Excelのすべての機能・操作を自動的に実行させ
ることができます。また、「ユーザーフォーム」と呼ばれるウィンドウを使うことで、フォームにExcelのデータを表示したり、データの入力をフォームから行うことができるように
なります。このVBAによるマクロ処理を使えるようになると、たとえばボタンを1回押すだけで、入力データを計算しグラフ化してレポート作成を行い、複数のプリンタに一度に出力する、などということができるようになります。
 本講座は、このExcel VBAが使えるように、VBAの記述方法や規則、Excelの各部位の名前と使い方をおぼえながら、実際にいろいろなマクロを作成し、VBAによるマクロ処理作成能力を身に付けていく講座です。
 「マクロ処理のプログラミング」というと、一気に敷居が高くなった感じで思わず身を引いてしまうかもしれませんが、本講座はプログラミングというよりも、「Excelに対してや
ってほしい仕事の内容を記述した依頼書を作る」という感覚で学習を進めていきますので、Excelを使える方ならどなたでも受講できるようにカリキュラムを構成しています。
 本講座は、基本的なVBAの使い方とセルやワークシートを使う方法を学び、ブックの操作やデータの処理、グラフの作成などを覚える「入門」、繰り返し処理・分岐処理やユーザーフォームを使ったマクロ作成方法を学ぶ「応用」、「入門」と「応用」を通して学習する「総合」の3コースをご用意しました。

対象者・レベル

●入門編の修了相当の知識のある方
●VBAで何ができるかを知りたい方
●Excel2007を効率よく使いこなしたい方



到達目標

●ヘルプファイルの調べ方・読み方が理解でき、独力で簡単なプログラムが作れるようになります。
●ユーザーフォームとコントロールをセルやワークシートと連動させて使えるスキルが身につきます。

学習環境

●学習には、Excel2007が必要になります。(教材には含まれていません)

特 長

リニューアルポイント
・MS-Excel2007に対応しました。
・VBA特有の用語の意味が理解できるようにしました。
・学習終了後も役に立つように事例を多く掲載しました。
・入門は図解によりわかりやすく、応用は豊富な事例でプログラミング力がつく構成にしました。
・VBAのプログラムの動きが理解できるように、個々の動作の説明に力を入れました。

監修・執筆


●瀬戸遥

インターネットサポート

テキストで解説しているVBAプログラムは弊社HP「受講生ルーム」からダウンロードできます。

内容紹介

カリキュラム概要

1. フロー制御
 フロー制御とは,条件によってマクロの処理を振り分けたり,同じ処理をデータを変えながら繰り返す,というマクロの処理の流れを制御する方法です。VBAでは,If,Select Case,For…Next,Whileというステートメントを使って,フロー制御を行います。このフロー制御を使うことで,とても柔軟で複雑な処理を実行するマクロを作ることが出来ます。第三分冊は,このフロー制御を行うテクニックを中心に学習します。1.条件分岐処理
Ifステートメント/Select Caseステートメント
2.繰り返し処理
For…Next/while
3.メッセージボックスを使う
基本的な使い方/マクロの応用例/いろいろなメッセージボックス
4.フロー制御の応用例
応用マクロ/Subプロシージャ/Functionプロシージャ

2. ユーザーフォーム
 第四分冊では,VBAならではの機能の1つ,ユーザーフォームの使い方を身に付けます。フォームの作り方,フォームに配置するコントロールの使い方,ユーザーの操作に応答して処理を実行するイベント処理に対するスキルを身に付けます。また,作成した命令文の不具合を見つけ出すデバッグの方法についても学習します。ここまで学習を進めると,相当高いレベルでExcel VBAを使いこなすことができ,Excelを業務専用のアプリケーションとして使えるようになります。1.フォームとラベル、ボタン
フォームの作り方/ラベルを使う/フォームを表示する/ボタンを使う/イベントを使う
2.データ入力コントロール
テキストボックス/スピンボタン/スライダー
3.データ選択コントロール
4.デバッグとエラー処理
変数のウォッチ/ステップイン実行/ブレークポイントを使う