実践プレゼン・スキルアップコース 〜Power Point2010活用〜

構成

テキスト1冊/テスト2回  テスト形式:Web記述のみ ●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。  【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)7.0以上、MS-Office2003以上

分野

人的資源マネジメント > 人財教育
情報マネジメント > 情報マネジメント

制作

工学研究社

価格

20,520円 (税抜 19,000円) 1点<在庫あり

商品説明

プレゼンとパワポをバランスよく学習で一挙両得!

学習のねらい

 お客様に製品やサービスを売る、新商品を開発する時の提案・企画などのさまざまなビジネスシーンで、プレゼンテーションの必要性が高まっています。
 相手に納得してもらうためには、事前にプレゼンの準備を行い、論理を組み立て、訴求ポイントを作ります。
 本講座は、プレゼンテーションの準備、論理の組み立て、訴求ポイントの作り方からPowerPoint2010の基本、PowerPoint 2010の応用テクニックまでを解説しています。
 プレゼンのスキルアップとPowerPoint 2010の効果的な使い方がマスターできます。

学習期間:2か月

「希望開講月は、申込みの翌月開始が標準です。開講月1日からの学習開始をご希望の場合は希望開講月前月15日までにお申し込みください。過ぎた場合は教材の到着が開講月に入る場合がございます。」

それ以外の希望がある場合は申し込みフォームの通信欄に記入してください。

対象者・レベル

●研究者や技術者で新商品の開発に従事する方
●プレゼンのスキルを向上させたい方
●技術営業などでプレゼンを行う方

到達目標

●相手に納得してもらえる企画書、提案書、報告書が作成できるようになります。
●効果的なプレゼンテーションが行えるようになります。

学習環境

●学習には、Power Point2010が必要になります。

内容紹介

1. プレゼンテーション概要編
 プレゼンテーションは、広告業界がクライアントに対して広告戦略を売リ込むために行うデモンストレーションを指していましたが、最近ではビジネスの売り込み手段として定着し、学校の授業などでも取り扱われるようになっています。
プレゼンテーションは、教本どおりに実行すればすべてうまくいくわけではありません。自分がまとめた情報を、複数の人間に共感してもらうように伝達しなければなりません。いろいろな考えがある人たちと情報を共有して共感を覚えてもらうためには、それなりのテクニックが必要です。自分を取り繕ったり、よく見せようとしたりしても、プレゼンテーションは決して成功しません。肩の力を抜いて、ありのままの自分を相手に見てもらうことに注力しましよう。本書では、ビジネスにおけるプレゼンテーションを初めて学習する人に向けて概論を解説した後に、実践的な資料の作り方を説明します。資料の作り方は、PowerPoint 2010 を題材にして説明します。ここでは、プレゼンテーションの概念、実施方法、資料の作り方を解説します。1.プレゼンテーションの概念
・プレゼンテーションとは
・プレゼンの準備
・プレゼンの種類
・論理の組み立て方
・プレゼンの構成
2.訴求ポイントの作り方
・企画方針
・消費者の購買プロセス
・効果
・ニーズ
・宣伝広告
3.プレゼンの準備
・スライドの構成
・素材の編集
・スライドの編集
・本番前の準備

2. パワーポイント実用編
 ここでは、PowerPoint 2010 を使用したプレゼンテーション資料の作成手順を説明します。1.PowerPoint 2010によるビジュアル表現
・テンプレートとテーマ
・レイアウトと配色
・文字書式
・画像素材
・図表素材
・メディア素材
・画面の切り替え
・アニメーション効果
2.PowerPoint2010の基本
・PowerPoint 2010の画面構成
・PowerPoint 2010のリボン構成
・スライドショーの作成
・ワードアートの挿入
・SmartArtグラフィックスの挿入
・表の挿入
・グラフの挿入
・写真とイラストの挿入
・テーマとデザインの変更
・プレゼンの作成
・プレゼンの印刷
・プレゼンの保存と配布(配信含む)
3.PowerPointのテクニック
・スライドにロックをかけるテクニック
・スライドをセクションに分類するテクニック
・スライドを目的別に編集するテクニック
・表セルの高さ・幅を調整するテクニック
・表セルの余白を調整するテクニック
・表セルの塗・効果を変更するテクニック
・グラフの種類を変更するテクニック
・グラフのレイアウトを変更するテクニック
・グラフのスタイルを変更するテクニック
・グラフの書式を変更するテクニック
・ワードアートの色・角度を変更するテクニック
・SmartArtのスタイルを変更するテクニック
・吹き出しを作成するテクニック
・吹き出しの書式を変更するテクニック
・写真の明るさ・コントラストを修整するテクニック
・メディアクリップをトリミングするテクニック1
・メディアクリップをトリミングするテクニック2
・スライドをパスワードで暗号化するテクニック
・スライドをWordの配布資料にするテクニック

3. 付録
 付録には、演習問題を設けました。
この本を読み終えて、プレゼンテーション成功へのイメージがわいてくることを願っています。1.プレゼンについて
2.訴求ポイントについて
3.プレゼンの準備について
4.PowerPoint2010のビジュアル表現について

※本講座のテキストには、(株)SCC刊「実践プレゼン・スキルアップコース〜Power Point 2010活用編」を使用しています。