ひとにやさしい自動車工学基礎講座

構成

テキスト2冊/テスト2回  テスト形式:Web選択■本講座は、eBook対応講座です。 テキストと同じ内容のeBook(電子書籍型テキスト)がセットになっています。PCやモバイルを活かした書籍/電子のハイブリッド学習が可能です!

分野

固有技術 > 自動車技術

制作

工学研究社

価格

21,600円 (税抜 20,000円) 1点<在庫あり

商品説明

学習のねらい

 自動車技術の21世紀のキーワードは<快適><安全><環境・エネルギ>の3つであり、これらのキーワードは全て、自動車の基本的機構・機能に関連しています。
  近年自動車システムは大規模化・複合化が進んでいる一方で、個人の受け持つ業務はますます細分化・分業化され全体が見えにくくなってきています。
本講座では、上記3つのキーワードの基礎となる自動車工学の全体の概要を第1分冊で、第2分冊で自動車の快適性、自動車と安全、および自動車と環境・エネルギについて学習して行くことにします。
  ポイントは、自動車とその機能部品それぞれについての歴史をしっかり把握し、<温故知新>を図って、それぞれの技術の発展を知ることによって、これからの動向を実践的に学びます。
  自動車工学の概要を体系的かつ時系列的に学ぶことによって全体の関連性を理解し、実務で応用できる力が身につくことを狙いとします。

21世紀のキーワードは<快適><安全><エネルギ>です!

学習期間:2か月

「希望開講月は、申込みの翌月開始が標準です。開講月1日からの学習開始をご希望の場合は希望開講月前月15日までにお申し込みください。過ぎた場合は教材の到着が開講月に入る場合がございます。」

それ以外の希望がある場合は申し込みフォームの通信欄に記入してください。

対象者・レベル

●自動車および自動車関連分野で働く若手技術者として、自動車工学全般の実践的知識を身につけようとする方。
●これから自動車関連分野に参入しようとする企業の開発・設計・品質・サービス・営業部門の方。
●一般企業および学生で自動車工学全般を理解しようとされている方。

到達目標

●自動車工学全般を理解し、実務に活用できる。
●自動車および自動車部品の発展の歴史を体系的に理解し活用できる。

学習環境

●パソコンOSとブラウザ:
WindowsVista以上/IE8以上Firefox3以上
MacOSX10.8以上/Safari4以上Firefox3以上
・解像度:1024×768 以上
・プラグイン:FlashPlayer10以上
-------
●モバイルOS:
iOS4.3以上Android2.3.3以上

監修・執筆

●テクノマスダ技術士事務所 所長 益田 明
●NKコンサルティング代表 小久保 尚躬

内容紹介

自動車の歴史と構造
本分冊では、第1週で自動車の歴史から、ボデーとシャシおよび動力伝達装置を学習し、第2週では制動装置、懸架装置、かじ取り装置を学習します。第3週でエンジン本体と潤滑装置、冷却装置を、第4週で燃料装置、始動装置、充電装置、過給機を学習します。自動車の基礎を学習することで、次の分冊への基盤を築くこととします。

1.自動車の歴史と車両1
 (ボデー・シャシ・動力伝達装置)
2.車両2(制動装置・懸架装置、かじ取り装置)
3.エンジン1(基礎原理・潤滑装置・冷却装置)
4.エンジン2(ガソリン・装置類・ディーゼルエンジン)

<快適><安全><環境・エネルギ>とトレンド技術
本分冊では、第1週で自動車と快適性について学習します。快適性は、エアーコンディショナーおよびITSなどについて学習し、第2週では、自動車と安全についてシートベルト、エアバックなどについて学習します。第3週の自動車と環境では、排出ガスや騒音について学習し、第4週目では、トレンド技術について学習します。

1.自動車の快適性
2.自動車と安全
3.自動車と環境・エネルギ
4.トレンド技術